BEEFEATER LONDON

ビーフィーターとは
ブランドと伝統

ビーフィーターとは

王室の宝を守るがごとく。
ロンドン塔の守り主 BEEFEATER

1820年の創業以来、変わらぬ秘伝のレシピを守り続け、今なおロンドンで蒸溜を続けているBEEFEATER。
そのロンドンへのこだわりと愛着は、ラベルにも表現されています。

BEEFEATER、それは「牛肉を食べる人」

BEEFEATERとは、ロンドン塔を守る近衛兵のこと。ラベルにも描かれているその雄々しい姿で、王冠が保管されているロンドン塔を守ります。
王家の宝[クラウン ジュエル]を守る彼らは、その昔、国王主催のパーティーの後、残った牛肉の持ち帰りを許されたことから、BEEF+EATER(牛肉を食べる人)と呼ばれるようになりました。
ふだんは黒い制服を着用していますが、祭事のときに着るのが、ラベルに描かれている、この赤い制服。自信に満ちた魅力あるこのキャラクターは、いつも人を惹きつけ、時には高揚させてくれる存在です。
今でもロンドン塔を訪ねれば、彼らに会えるでしょう。

こだわりのブランド、BEEFEATER

ところでBEEFEATERブランドの誕生は1820年のこと。若き薬剤師ジェームス・バローの手によってつくりだされたオリジナルレシピは、創業以来受け継がれ、今なおマスター・ディスティラーであるデズモンド・ペイン氏によって守り続けられています。そのラベルには、1820という誕生の年号と、魅力あふれるシンボルキャラクターBEEFEATER、そしてジェームス・バローのサインが描かれています。

バローからペインへ
受け継がれる伝統。

BEEFEATERのレシピは門外不出。その高い品質で順調に成長を遂げ、今日に至ります。創業以来守り続けられる製法には、伝統への誇りと品質への自信が満ち溢れています。

オリジナルレシピで洗練の味へ

1820年に誕生したBEEFEATERジン。創業者のジェームス・バローは、薬剤師としての豊かな知識からアルコールとジュニパーベリーの効用に着目して、BEEFEATERオリジナルの新しいレシピをつくり上げたのでした。
連続式蒸溜機による澄んだ味わいのニュートラル・グレインスピリッツに、多種多様なボタニカル(草根木皮)を浸してつくるその味は、切れ味鋭いクリーンな風味の中にも、ボタニカル類の絶妙なブレンドによって醸し出される豊かな香りと味わいが特徴です。

伝統と精神は今なお現代に

ジェームス・バローによってつくられた伝統のレシピと頑固な物づくりへの精神は、現在のマスター・ディスティラー、デスモンド・ペイン氏にも脈々と受け継がれています。ロンドンにある蒸溜所のペイン氏のオフィスからは、ロンドンの象徴である国会議事堂を望むことができます。

彼自らが、ジュニパーベリーや香りづけのボタニカル類を選び、完成後の味のチェックまでを行い、そしてその厳しい目にかなったジンだけがBEEFEATERジンと呼ばれる栄誉を受けるのです。