渋谷肉横丁でジンと肉料理の相性を徹底研究

「ジントニ部」とは、知る人ぞ知る肉ラヴァーの3名が結成した、ジントニと肉料理の相性を研究する社会人部活動。ジントニを出す店が都内で最も多く集まる「渋谷肉横丁」で待ち合わせた3人は、わずか2時間で人気店3軒をハシゴしたのだった。

ジントニ部員プロフィール

今日の部活の趣旨は「ジントニ」と肉料理の相性を味わって確かめること。というわけで「ちとせ会館」に集まったのは、ここが「ジントニ」の発祥地だから。「ジントニ」が肉専用サワーだということはご存じだと思いますが、発祥地はここの3階の“肉のテーマパーク”こと「渋谷肉横丁離(はなれ)」なんですよ。

なるほど! 僕は「ちとせ会館」に来るのは久しぶり。3階に「渋谷肉横丁離」ができて以来だから、もう1年か。

なんと、早くも1周年!? 「肉横丁離」は前から気になっていたけど、実は来るのは今日が初めて。お肉の名店が7軒も入ってるんですね。

2階の「肉横丁」と3階の「肉横丁離」、2フロアあわせて24軒ですよ!

このメンバーで集まると盛り上がり過ぎるキライがあるけど、今日のはしご酒、もとい、部活動はフロア移動禁止にしましょうね。3階だけで完結させるってことで。

はいはい、部活のテーマははしご酒じゃなくて“ジントニと肉料理の相性研究”ですから。

では早速参りましょうか! 1軒目は「熟成牛焼肉 まえ川」。「Tボーンステーキ」(3180円)から焼きましょう。

両方とも楽しめちゃう♡ 片面5分ずつ焼くのね。

焼けるのを待ちながら「ジントニ」で乾杯、と。いくらでも飲めてしまえそうなこの美味しさはキケンですねぇ。

お肉を食べる前に「ジントニ」を飲むと、胃が刺激されて食べるモードになるんですって。ちなみに普通のジントニックはジンとトニックの割合が1:4だけど、これは1:5でジンの量が少なめになってるの。ジントニの材料のビーフィーターはアルコール度数が47度と高めのジンだから、やや薄めでちょうどいいよね。

トニックウォーターが多めだからグビグビ飲める(笑)。あ、Tボーンステーキの肉汁が表面に浮いてきたから、そろそろ食べ頃かな♪ うん、「ジントニ」のペッパーがお肉に合う!

肉と胡椒が合うんですね。最近太るのを気にしてレモンサワーを飲む人が周りに多いけど、これはレモンだけでなく胡椒も入っているのがいい。

ヒレ美味し♡ 「ジントニ」を飲みながらお肉を食べると、お肉の脂がスッキリ流れるんですって。

サワーってベースのお酒に何を使っているか分からないから、知らないお店では頼まないけど、「ジントニ」の場合はジン、それも「ビーフィーター」って分かっているから安心。

焼肉のタレとの相性もいいですね。「ジントニ」の爽やかさが際立って、よりお肉が進む感じがします。

脂がのってるサーロインも、「ジントニ」のキレがいいからどんどん食べられる。

さっき追加注文した「タン」との相性も抜群! 私はモノ心ついた時からタン塩を食べてきたけど、「ジントニ」とタンの相性は感動的です。

ホルモン系とかシャルキュトリー系にも合いそう。

「ジントニ」で家飲みできたらいいですよね。缶で発売されないかな。

確かに!

<
<  PREVIEW
NEXT  >
>

お店のご紹介

まえ川

まえ川

所在地:東京都渋谷区宇田川町 13-8 ちとせ会館3F
電話番号:03-6416-4998
営業時間:16:00~深夜
ウェブサイト:
http://shibuyayokocho.com/shop_info/maekawa/